2ch飯ちゃんねる

主に食べ物、飲み物、料理、ダイエット、健康、生活に関する2ch.sc open2chのまとめをしております。

  • Twitter
  • RSS

    スポンサードリンク

    ハンバーガー

    1::2018/01/09(火) 13:55:10.50 ID:0.net
    http://ascii.jp/elem/000/001/613/1613538/









    トリプルうまかった
    絶対食う
    【マクドナルド、トリプルチーズバーガーやチーズ4枚のダブルチーズバーガー等を本日1/10から発売】の続きを読む

    スポンサードリンク

    640x640_rect_15176743


    1::2017/12/28(木) 02:21:01.29 ID:x/eFL4MAr.net
    アメリカのドナルド・トランプ大統領の食生活と健康不安が波紋を呼んでいる。

     ニューヨーク・タイムズによると、トランプ大統領は大好物のダイエット・コークを1日12本のペースで飲んでいるという。同飲料はカロリーや糖分がゼロだが、専門家からは人工甘味料の多量摂取による健康への影響を懸念する声も出ている。
    【【悲報】コーラ1日12本、一度にマック4個…トランプ米大統領、ついに体に異変発生】の続きを読む

    1::2017/12/20(水) 18:43:13.82 ID:mJpZ2uFI0 BE:284093282-2BP(2000)
     

    https://www.cnn.co.jp/m/business/35112242.html

    2017.12.20 Wed posted at 12:29 JST
    ロンドン(CNNMoney) ファストフード大手の米マクドナルドは12月28日から、スウェーデンとフィンランド全土の数百店舗で肉を使わないハンバーガー「マックビーガン」を発売する。

    マックビーガンは、バンズに大豆パテとトマトやレタスなどを載せ、卵を使わないサンドイッチソースを使ったハンバーガー。フィンランドでは少数の店舗で試験的に販売していた。

    マクドナルドはベジタリアンやビーガン需要の高まりを受け、ノルウェーの食品会社と共同で同バーガーを開発した。両国では環境に優しい食品を求める人が増え続けているといい、今後は定番メニューとして販売を続ける方針。「マックビーガンの主成分は植物由来なので、環境への影響は小さいはず」としている。

    試験販売中にフィンランドでマックビーガンを食べたという24歳の学生は、「味は普通のハンバーガーと変わらない」とコメントした。

    調査会社ミンテルによると、今年に入ってスウェーデンで新発売された食品のうち、ビーガン食品は約10%を占めている。これは2012年のほぼ8倍に当たる。

    食品大手のネスレも今年9月、ビーガンバーガーやブリトーを製造する食品会社スウィート・アースの買収を発表した。

    調査会社ユーロモニターによれば、ビーガン食品の販売額は世界で前年より約8%増えて128億ドル(約1兆4000億円)に達している。

    【【画像】肉を使わないビーガンバーガー、北欧のマクドナルドで発売 「マックビーガン」】の続きを読む

    20170328_45th


    1::2017/11/23(木) 04:43:36.36 ID:lrIn1sVV0.net
    安さで勝負してマクドに勝てるわけないし
    今の価格やと中途半端やし
    これ以上美味くできないし

    マクドの溢れた客を引き込むぐらいしかない
    もう無理でしょ
    【モスバーガーってわりとマジで詰んでるよな】の続きを読む

    1::2017/11/18(土) 16:23:56.12 ID:CAP_USER9.net
    ロッテリアの「はみだしダブルステーキバーガー」



     ロッテリアは、11月29日の「いい肉の日」に合わせた年に一度のご褒美バーガー「はみだしステーキバーガー」を、24日から6日間限定で売り出す。米国産アンガス牛の肩ロースで、特に柔らかい芯の部分のみを100g使った。ステーキ肉が2枚入った「はみだしダブルステーキバーガー」も同時に売り出す。価格はそれぞれ1200円と1900円(ともに単品の税込み)。

    配信2017年11月18日14時56分
    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASKCJ53DSKCJULFA016.html
    【ロッテリア 1900円の「はみだしダブルステーキバーガー」を24日から6日間限定で売り出す。】の続きを読む

    このページのトップヘ