2ch飯ちゃんねる

主に食べ物、飲み物、料理、ダイエット、健康、生活に関する2ch.sc open2chのまとめをしております。

  • Twitter
  • RSS

    スポンサードリンク

    弁当


    1::2018/01/14(日) 19:15:49.29 ID:CAP_USER.net
    中央社フォーカス台湾 2018年1月13日 20時26分
    http://news.livedoor.com/article/detail/14154192/

    (台北 13日 中央社)台湾の女子大生2人が、皇太子裕仁親王(後の昭和天皇)がかつて台湾で召し上がった料理を参考に、4種類の弁当を考案した。すでに食品業者との間で商品化の可能性が話し合われている。

    弁当は、クッキングが趣味という台北科技大学の学生、洪ギョクテイさん、江婉瑜さんの卒業制作。

    日本統治時代の台湾で発行された「台湾日日新報」の記事に、1923(大正12)年に台湾行啓をされた裕仁親王をもてなした高級料亭「江山楼」が紹介されており、当時のレシピまで掲載されていたことから、アイデアがひらめいた。(ギョク=金へんに玉、テイ=女へんに亭)

    洪さんによると、江山楼は当時、商業が盛んだった大稲テイに位置し、政界の要人や文人が集った名店。日本料理をベースに、台湾の食材や調理法を加味した折衷料理を提供していたという。(テイ=土へんに呈)

    4種類の弁当には、「皇太子定番」(皇太子招牌)、「至れり尽くせり」(賓至如帰)などの名前が付けられた。スライスした鶏肉にエビやタケノコなどを包み込み、油で揚げた「金銭火鶏」など、普通の弁当では見られないおかずが特色。

    (全文は配信先で読んでください)
    【昭和天皇ご満喫の台湾料理が弁当に 商品化の可能性も】の続きを読む

    スポンサードリンク

    1::2017/11/28(火) 15:36:43.50 ID:a1W3oPRJ0.net
    座長ユーミン、太っ腹!2万円の特注弁当×200個差し入れ
    http://www.sanspo.com/geino/news/20171128/geo17112804000002-n1.html



    宮沢佐江のツイッターで大きい詳しい画像





    【舞台】座長ユーミン、太っ腹!2万円の特注弁当×200個差し入れ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1511812554/
       
     帝劇では初日に座長が弁当を用意する“座長弁当”というしきたりがあり、
    松任谷は京都の老舗料亭・下鴨茶寮の特注弁当(推定2万円以上)を200個差し入れする大盤振る舞い。
    京人参を朝陽に見立てたわんや鮑の旨煮、ぐじの昆布締めなど高級食材が盛り込まれており、
    京都の本店から車で銀座の支店に運ばれ、最終調整して帝劇へ。
    松任谷が「お弁当のオートクチュールです」と胸を張る自身初のトータルプロデュース弁当で、共演者やスタッフは大喜びだ。
        
    Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)
    【【画像】松任谷ユーミンが2万円の弁当を差し入れwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    b8b00ea335373190b9a1aaf04c1a1bea_s


    1::2017/09/24(日) 20:36:23.76 ID:CAP_USER9.net
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170924/k10011154421000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_010

    妻や家族のために男性が家事に携わる機会を増やしてもらおうと、簡単な弁当作りを学ぶ教室が都内で開かれました。

    この催しは、家事に追われている妻が少しでも休めるよう夫の携わる機会を増やそうと、東京・千代田区の生活情報誌の発行会社が企画し、夫婦や家族連れなど15組が集まりました。

    教室では、男性に家事への参加を促している団体の佐久間修一さんが講師となり、弁当をおいしく見せるためのコツを学びました。

    弁当の具材は無理のない範囲で取り組めるよう冷凍食品などを使っていて、佐久間さんは、からあげやハンバーグなどの主菜は茶色が多いので、赤や緑などの野菜で隙間を埋めると色が映えるとか、具材の形を丸くしたり四角くしたりして変化をつけるといいとアドバイスしていました。

    弁当をほとんど作ったことがないという人もいましたが、おにぎりを俵状にしたり、のりを使ってパンダのデザインを作ったりして30分ほどかけて作り上げ、妻や子どもと一緒に試食をしていました。

    共働きだという横浜市の38歳の男性は「喜んでもらえたみたいでよかったです」と話していました。一方、男性の妻も「子どもの保育園で、月に1回弁当を持って行く日があるので、たまに手伝ってもらえたらうれしいです」と話していました。

    9月24日 16時14分
    【【弁当】妻や家族のため 男性が弁当作りを学ぶ 東京】の続きを読む

    このページのトップヘ