2ch飯ちゃんねる

主に食べ物、飲み物、料理、ダイエット、健康、生活に関する2ch.sc open2chのまとめをしております。

  • Twitter
  • RSS

    スポンサードリンク

    うどん

    1:  2018/03/22(木) 13:03:18.51 ID:CAP_USER9
     将棋の第66期王座戦2次予選、藤井聡太六段(15)と糸谷哲郎八段(29)戦が22日、関西将棋会館で行われた。勝負は正午前に昼食休憩に入った。

     藤井は小雀弥(こがらや)の「ぶっかけうどん定食(めんたいこごはん)」(800円)を注文した。ボリューム満点のランチで栄養補給し、午後の対局に臨んだ。

     糸谷は居酒屋「内山田」の「和牛100%ハンバーグ」(1000円)を注文した。こちらもボリューム満点のメニューだ。

     勝者が挑戦者決定トーナメントに進む。持ち時間は各5時間。夜には決着する見込み。



    3/22(木) 12:49配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00156767-nksports-soci
    画像 藤井聡太六段のランチメニュー「ぶっかけうどん定食」(撮影・松浦隆司)
    no title

    【【将棋】藤井聡太六段の昼食は「ぶっかけうどん定食」 】の続きを読む

    スポンサードリンク

    1::2018/01/26(金) 02:48:57.83 ID:1ayy6UtS0.net
    藤井四段の勝負飯「親子なんばうどん」で体ポカポカ

     将棋の第66期王王座戦1次予選ブロック決勝、藤井聡太四段(15)対村田智弘六段(36)戦が25日、
    関西将棋会館で行われた。昨年、公式戦29連勝の新記録を樹立した藤井が通算60勝目を目指す。勝負は正午前に昼食休憩に入った。

     藤井はそば・うどん店「やまが」の「親子なんばうどん」(730円)を注文した。
    大阪でも冷え込みがきつく、温かい一品で体もポカポカ。村田は「やまが」の「親子丼&温うどん」を注文した。

     持ち時間は各5時間。昼食休憩をはさみ、夜には決着する見通し。勝者が2次予選に進出する。
    https://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/news/201801250000360_m.html?mode=all

    【【画像】藤井四段(14)、昼食に1杯730円のうどんを召し上がる(相場300円)】の続きを読む

    598f55e6bc78fadd89974d8d7149f8af_s


    1::NG NG BE:601381941-PLT(13121).net

    香川 大みそかに「年越しうどん」店にぎわう

    大みそかの31日、「讃岐うどん」で知られる香川県のうどん店では、うどんを食べて年を越そうという
    人たちでにぎわっています。

    香川県では、太くて長いうどんのように健康で長生きできるようにとの願いを込めて、大みそかに
    「年越しそば」ならぬ「年越しうどん」を食べる習慣があります。

    高松市の中心部にある創業54年のうどん店では、午前中から家族連れや帰省客が訪れ、好みの
    うどんを注文しては、おいしそうに味わっていました。

    また、自宅で「年越しうどん」を食べようと、持ち帰り用にそばと一緒にうどんを買い求める人の姿も
    多く見られました。

    宮崎県から家族で帰省した男性は、「やっぱり香川に来たからにはそばではなくて、うどんです。
    本場のうどんはおいしいです」と話していました。

    香川県東かがわ市から訪れた夫婦は、「うどんを食べないと年を越せないと思って、食べ納めにきました。
    来年も家族が元気に過ごせるようにしたいです」と話していました。

    このうどん店では、31日の「年越しうどん」のために、ふだんの2倍の1500玉を用意しているということです。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171231/k10011276101000.html
    【香川、「年越しうどん」を求めてうどん店が盛況!県民「うどんを食べないと年が越せない」】の続きを読む

    eaea225ee095ceede4ff6da9ac5870c2_s


    1::2017/12/28(木) 19:00:05.79 ID:CAP_USER9.net
    将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(15)が28日、大阪市内の関西将棋会館で豊川孝弘七段(50)と戦っている王座戦一次予選の夕食休憩に選んだ今年最後の“勝負メシ”は、会館近くの「やまがそば」から出前でとったなべ焼きうどん(780円)だった。

     歴代最多の29連勝を記録するなど、列島に“藤井フィーバー”を巻き起こした2017年最後の対局。振り駒では先手番を得た。

     午前中にいきなり駒がぶつかり合い、激しい対局になるかと思われたが、その後は互いに様子見の展開に。持ち時間は各5時間。同日深夜までに終局する見込み。

     藤井は前日27日までの段階で今年度の対局数、勝数、勝率(30局以上の棋士のみ)、連勝でいずれも1位をキープしている。27日までの公式戦通算成績は54勝10敗(未放映のテレビ対局を除く)。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000134-spnannex-ent
    【【将棋】藤井聡太四段 今年最後の“勝負メシ”はなべ焼きうどん】の続きを読む

    このページのトップヘ