2ch飯ちゃんねる

主に食べ物、飲み物、料理、ダイエット、健康、生活に関する2ch.sc open2chのまとめをしております。

  • Twitter
  • RSS

    スポンサードリンク

    健康

    スポンサードリンク

    1:  2018/03/22(木) 09:00:40.93 ID:U6gbLqVi0 BE:837857943-PLT(16930)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
    東京都足立区は、今年度の区立小学校1年生のうち肥満傾向にある児童の割合は男女ともに4・5パーセントで、
    男子は27年度比0・2ポイント、女子は同0・9ポイント、それぞれ改善傾向にあると明らかにした。小1を対象にした
    健康・生活実態調査で判明した。理由として、共同で調査した東京医科歯科大は「足立区では子供に、
    食事で野菜を最初に食べる『ベジファースト』を推進していることが一因ではないか」としている。

    調査は区立小1年全5160人を対象に行い、4208人から有効回答が得られた(有効回答率81・6%)。

    同区では肥満対策の一環として、区立保育園で食事をとる際、野菜から食べる習慣を推進している。

    https://news.goo.ne.jp/article/sankei/life/sankei-lif1803200042.html
    no title

    【【ベジファースト】食事は野菜から食べよう!肥満改善するぞ】の続きを読む

    frenchfries-M_l


    1::2018/02/11(日) 10:29:59.09 ID:AXgimzC00.net
    マックフライに使う物質で毛髪再生に大成功

    <日本の科学者が、脱毛症(禿げ)の治療法を発見したかもしれない。秘密は、マクドナルドがフライドポテトを作る際に使っている化学物質にあるという>

    マウスの毛の再生を試みた横浜国立大学の研究チームは、
    「ジメチルポリシロキサン」というシリコンの一種で、マクドナルドがフライドポテトを揚げる際に、油が泡立つのを防ぐために加える化学物質を使った。

    予備的実験によると、この方法は、人間の皮膚細胞に用いた場合でも成功する可能性が高いという。

    2月1日付けで学術誌バイオマテリアルで発表されたこの研究によると、
    研究者らは、全く新しい方法で「毛包原基(HFG)」の大量作製をするというブレークスルーに成功した。

    毛包原基は、毛包(毛を産生する器官。
    毛包のうち、皮膚表面から見ることのできる部分は一般に毛穴と呼ばれている)の発達を促す細胞であり、脱毛研究の重要なカギだ。
    研究者たちによれば、ジメチルポリシロキサンを使用したことが今回の成果を決定づけたという。

    ネズミの背中に毛が生えた

    研究を行った横浜国立大学の福田淳二教授は論文の中で、
    「毛包原基を大量作製するためのカギは、培養器に使う基材を何にするかということだった」と論文で述べている。
    「培養器の底に、酸素透過性の高いジメチルポリシロキサンを使ったところ、大変うまくいった」

    研究チームはこのやり方で、5000の毛包原基を一度に作製した。
    次に、毛包原基チップ(「ウェル」と呼ばれるマイクロサイズの孔が約300あるマイクロウェルアレイに、毛包原基を並べたもの)を用意し、
    それをマウスの体に移植した。

    「一様に並べられた毛包原基を、毛のないマウスの背中に注入したところ、有効な毛包となって毛穴を作れることが示された」と福田は述べる。

    福田と研究チームは、その数日以内に、チップを移植したマウスの背中の部分に黒い毛が生えているのを確認した。

    「このシンプルな方法はきわめて有効で期待できる」と福田は話す。
    「このテクニックが毛髪再生医療を進歩させ、男性ホルモン型脱毛症といった脱毛の治療に役立つことを期待している」

    2016年のアメリカにおける脱毛治療薬製造業界は60億ドル規模だった。
    その売り上げには、毛髪回復のための植毛といった毛髪再生施術も含まれている。
    研究が発表された当時、本誌はマクドナルドにコメントを求めたが、回答は得られていない。
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/02/post-9476.php
    【【超朗報】マクドナルドのポテトがハゲに効果があるらしいwww】の続きを読む

    5665514938e107a1adf27357fa0684ba_s


    1::2018/01/05(金) 01:23:25.82 ID:lqjz0DC80 BE:399275318-2BP(2500)
     
    (CNN) 魚を週に1度以上食べる子どもはそうでない子どもと比べてよく眠ることができ、
    IQ(知能指数)テストでもより高い平均点を記録するーーそんな調査結果を示す研究がこのほど科学誌で発表された。
    サケやイワシ、マグロなど多くの種類の魚に含まれるオメガ3脂肪酸が、知能並びに睡眠の質の向上と関連していることが示された形だ。
    今回の研究では中国人の子ども500人以上を対象とし、9~11歳のときに前の月に魚をどのくらいの頻度で食べたかを質問。

    12歳のときにIQのテストを実施した。
    IQテストを受けた子どものうち、毎週魚を食べると答えた子どもの平均点は、
    「めったに食べない」「まったく食べない」と答えた子どもよりも4.8点高かった。
    「時々食べる」と答えた子どもの平均点も、頻度の低い子どもの点数を3.3点上回った。
    子どもの年齢が低いことから、どの種類の魚を食べたのかは質問していない。

    また子どもたちの親に対しては、睡眠の質に関する聞き取り調査を行った。
    その結果、魚を多く食べる子どもは夜中に目が覚めてしまうといったケースが少なく、
    全体的な睡眠の質が高いことが分かった。
    研究の共著者である米ペンシルベニア大学のジェニファー・ピントマーティン氏は、
    早いうちから子どもの食生活に多くの魚を取り入れることを推奨。「味に慣れていないと、
    食べなくなる可能性がある」と指摘した。
    骨を取り除き、身をよくほぐせば、子どもは2歳ごろから魚を食べられるようになるという。

    関連ソース画像

     

    CNN
    https://www.cnn.co.jp/fringe/35112741.html
    【【朗報】魚をよく食べる子ども、IQと睡眠の質が向上 調査結果】の続きを読む

    japanese-style-766945_960_720


    1::NG NG BE:194767121-PLT(13001).net
     
    1.海苔:海苔は、ミネラルの一種であるヨードを豊富に含む。ヨードは、生化学反応によって甲状腺ホルモンを生成し、エネルギー代謝が促進される。
    2.アーモンド:アーモンドはビタミンB7を含み、ビオチンとも呼ばれ、体内で食べたものが有効なエネルギーに変換される手助けをする。ビオチンは、炭水化物、
    脂肪、タンパク質の代謝作用に力を発揮する。
    3.グラスフェッド・ビーフ(草だけを食べて育った牛の肉):牛肉の赤身は、良質の鉄分を豊富に含み、鉄欠乏性貧血の予防に効果がある。鉄分は、
    体内で血液中の酸素量を保ち、細胞に運ばれると細胞内でエネルギーを生み出す。一食分の牛肉には、1日に必要な鉄分の12%が含まれている。
    4.オーツ麦:乾燥オーツ麦は、ヨーグルトに加える、あるいは粥と一緒に煮て食べる。この天然の炭水化物は、カルシウム、繊維質、タンパク質が豊富に
    含まれている。一食分のオーツ麦で、何時間も空腹感を感じることなく活動できる。
    5.ムール貝:ムール貝には、エネルギー代謝を促すビタミンB12が豊富に含まれている。ムール貝を3オンス(約85グラム)食べれば、ビタミンB12の
    1日分の必要量を摂取することができる。ビタミンB12は、体内の神経系や代謝プロセスの鍵となる役割を担っているため、バランスの取れた
    飲食を心がける際の重要ポイントとなっている。
    6.卵:卵は、タンパク質、ヨード、ビタミンB6・B12などの栄養素がバランスよく含まれている。専門家は、「2杯目のコーヒーを飲む代わりに、
    エネルギーとタンパク質を供給してくれる卵を1個食べると良い」と提案している。
    7.鶏肉:鶏肉は、補酵素やコエンザイムQ10を含んでいる。コエンザイムQ10は、体内エネルギーの9割の製造に関わっており、エネルギーを多く
    消費する心臓、肝臓、腎臓にとって極めて重要な物質だ。
    8.ホウレンソウ:ホウレンソウは、エネルギー代謝プロセスに欠かせないミネラルであるマグネシウムを多く含んでいる。(編集KM)

    http://j.people.com.cn/n3/2017/1225/c94475-9308316.html
    【眠気が取れる食べ物といえば?】の続きを読む

    このページのトップヘ