2ch飯ちゃんねる

主に食べ物、飲み物、料理、ダイエット、健康、生活に関する2ch.sc open2chのまとめをしております。

  • Twitter
  • RSS

    スポンサードリンク

    飲み物

    gn-20131114-03


    1:海江田三郎 ★:2016/01/25(月) 09:09:43.67 ID:CAP_USER.net
    http://dime.jp/genre/226352/

    コンビニで手軽に飲めるカウンターコーヒー。セブン-イレブンが淹れたてコーヒーの提供を本格スタートした
    2013年に活性化し、各コンビニチェーンはこぞって「コンビニカフェ」商戦を勝ち抜くための施策を強化した。
    そんな流れの中、昨年2015年はどのような進化を遂げたのか、そして、このカウンターコーヒーを
    牽引する性別・年代、そして人気の理由を見ていこう。

    ■まだまだ続く「カウンターコーヒー」商戦?2015年に起きた新展開
     コンビニで、淹れたてコーヒーが100円程度で手軽に飲めるのは、もはや当たり前になった。
    しかも価格を感じさせないクオリティの高さも評判だ。あらゆる理由で、カウンターコーヒー市場は、
    近年活性化している。昨年2015年は6月にセブン-イレブンのセブンカフェがアイスカフェラテの提供をスタート。
    ビーズ状のアイスに特殊加工されたミルクにドリップコーヒーを注ぐスタイルだ。これまでのシンプルなホットと
    アイスコーヒーのみ提供に、一つバリエーションが加わった。
     ファミリーマートのファミマカフェには、元々、カフェラテやアイスカフェラテ、さらに、2014年に新登場した
    カフェフラッペなどのバリエーションが豊富だが、これに加えて昨年は、秋冬向けとして紅茶、抹茶ラテ、
    ココアを展開。ブラックコーヒーを避けがちな女性客に好まれるラインアップで攻めた。
     また、ローソンのマチカフェは2015年3月、新作ブレンドコーヒーをリリースした。環境保全や農園労働者
    の生活向上などの厳格な基準である「レインフォレスト・アライアンス認証」を受けた農園のコーヒー豆のみに
    絞った高品質な味わいに格上げしたのだ。いずれも、各コンビニでそれぞれの色が濃くなってきたといえる。

    ■30~50代男性ビジネスパーソンが牽引
     そもそも、このコンビニのカウンターコーヒーは、どのような層に利用されているのだろうか。
    その実態がnpd JAPANの2014年の調査で明らかになっている。コンビニには缶コーヒーの存在もあるが、
    コーヒー(ブラック、ミルク入り含む)に限っていえば、缶コーヒーのほうが利用が28.6%と多かったものの、
    手淹れのカウンターコーヒーも20.6%と少なくない結果になっている。
     飲まれている場所は、主に「車の中」34.7%や「職場」28.1%で、6割が男性。また、特に30~50代の男性に利用者が
    多い傾向が出ているため、ビジネスパーソンが仕事の合間に積極的に利用していることが伺える。
    性別・年代別の統計では、30代男性が17.9%、20代男性が15.0%、40代男性が11.0%、
    50代男性が9.5%の順で多い結果に。女性も30代(10.7%)と40代(10.2%)が多くなっており、
    男女ともに30代以上のビジネスパーソンがお気に入りのようだ。

    ■人気の背景は「安いのにハイクオリティ」 30代以上の憩いの場
     では、30代以上のビジネスパーソンたちは、なぜそこまでコンビニのカウンターコーヒーに惹かれるのだろうか。
    マイボイスコムが2015年1月に行ったアンケート調査結果による利用目的から、人気の背景が伺える。
    その購入理由で多かったのは「価格が安い」「値段の割においしい」「缶コーヒーやペットボトル入りコーヒー等よりおいしい」など。
    つまり、安いのに意外と美味しいクオリティの高さにお得感を感じているようだ。
     また、コンビニコーヒー購入時の重視ポイントは「味」「価格」「香り」が上位3位を占めたという。やはり価格面と
    、味・香りのバランスが好まれているようだ。特に「香り」は年代が高いほど、多い傾向があったという。
    「甘さ、ミルクの調整が自由にできる」というコメントを寄せた50代女性もいた。缶コーヒーや市販品のカフェオレなどと比べて
    「味の自由度の広さ」も人気の理由といえる。
     今、トレンドの「サードウェーブコーヒー」の影響で、ハンドドリップで丁寧に入れたコーヒーを
    贅沢に楽しむひとときを求める潮流もあるようだ。コーヒーの味にうるさい30代以上のビジネスパーソンにとっては、
    安価なのにハイクオリティなコンビニコーヒーは、仕事の合間でも手軽に贅沢が味わえる、ひとときの憩いにもなっていると考えられる。
    【【カフェ】コンビニコーヒーが30歳以上のビジネスマンに支持される理由】の続きを読む

    スポンサードリンク

    6de91175b9d9d3f5e1b37408742912598fd23397_l


    1: ラダームーンサルト(東日本)@\(^o^)/:2016/01/09(土) 20:40:53.42 ID:+MmaS8Nc0.net BE:837857943-PLT(12931)
    男性長寿世界一・木村次郎右衛門さんは何を食べていたか

    木村次郎右衛門は朝にヨーグルト、夜には牛乳を飲むことを習慣にしていたという。最近、カルシウムが不足しがちな
    和食に乳製品を取り入れた和乳食という言葉があるが、彼の食生活はまさにこれを実践したものだったといえる。
    最近、乳製品はなぜか批判されることが多く、インターネットで「牛乳?体に悪い」で検索すると否定的な意見が出てくる。
    一例を挙げれば乳製品にはリンが多く含まれているので体内に吸収されない、というもの。しかし、
    牛乳のリンとカルシウム比率は1:1と吸収には理想的で心配することはない。


    牛乳を日常的に飲んでいる人の腸内にはビフィズス菌や乳酸菌といった有用な腸内細菌が多い。それらが乳糖を効率よく分解してくれるので、
    我々はおいしい牛乳を享受できるのである。ひょっとすると牛乳を飲むと具合が悪くなる、と喧伝している人の腸内環境は
    牛乳をよく飲める人に比べて悪いのかもしれない。

    http://diamond.jp/articles/-/76559

    【【朗報】長生きする人は皆、牛乳を飲んでいた!!!】の続きを読む

    1: ときめきメモリアル(四国地方)@\(^o^)/:2015/12/31(木) 14:34:08.27 ID:U2ysz4xR0 BE:284465795-PLT(13000)
    コーヒーに含まれるカフェインは、カフェインの錠剤と同じくらいアスリートの持久力を
    向上させる効果があるかもしれないということが、研究者たちの再調査によりわかりました。

    以前の研究ではコーヒーの有益性の可能性は示されたものの、
    アスリートにとって有効であるかどうかを判断するにはさらなる研究が必要だと、
    ジョージア大学で分析を行った研究者たちは言っています。
    カフェインの供給源としてのコーヒーの良質な研究結果が不足している一方、
    混じりけのないカフェインの研究結果は豊富にあります。
    コーヒーには混じりけのないカフェインほどの有益性はないとの認識がありますが、
    新しい調査結果によれば、アスリートはカフェインの錠剤を飲む代わりにカップ1杯のコーヒーを飲むことで
    持久力を上げることができるのかもしれません、と博士課程のサイモン ・ヒギンスさんは言っています。
    研究者たちは、カフェイン含有のコーヒーで9つの研究をし分析しました。
    実験は参加者たちが自転車に乗るか、走ったあとコーヒーを飲みそして精力的に運動をこなし、
    研究者たちはその結果を測定するという形で行われました。
    9つの調査のうち5つでコーヒーを飲んだ人は、飲まなかった人に比べ
    平均24.2%も持久力パフォーマンスの著しい向上が認められました。
    また、6つの調査のうち3つでコーヒーにはアスリートの間で認められたエネルギーの使用を
    減らす効果があったことも報告されました。



    http://www.greatnews.top/archives/51398757.html
    【コーヒーを飲むと持久力が約24%も向上することが判明】の続きを読む

    maxresdefault


    1:海江田三郎 ★:2015/12/14(月) 15:40:28.24 ID:CAP_USER.net
    http://www.asahi.com/articles/ASHCV5FTXHCVPTFC00V.html

    冬本番、あったかいコーヒーが恋しい季節です。今年、コーヒー業界を席巻したのが、「サードウェーブ」という言葉。
    「第3の波」を意味する流れが、関西にも訪れています。
     大阪・梅田の地下街「ディアモール大阪」に昨年末にオープンしたフランス発祥の「クチューム」で、
    ブルネイ産豆のコーヒー(380円)をいただいた。サイホンの仕組みを発展させたという最新の機械「スチームパンク」で
    入れられ、見た目は紅茶のような淡い色あい。口に含むと苦みはほとんどなく、まろやかだ。
     「まるで出汁(だし)を飲んでいるよう」。そう感想を漏らすと、「あながち間違っていません。
    コーヒーの成分を丁寧に抽出し、うまみを引き出した結果です」と中西輝次店長は話す。
     コーヒー普及の波は国によって異なるが、一般家庭に普及した時期が「第1の波」、
    スターバックスなど米シアトル系のチェーン店が広まった時期が「第2の波」とされる。
    そして「第3の波」の代表格とされる「ブルーボトルコーヒー」は2002年、米西海岸で創業。今年2月に東京都内に日本1号店ができた。

     特徴は、日本で好まれてきた複数の豆を混ぜた「ブレンド」ではなく、単一の豆を使う「シングルオリジン」
    を重視する点だ。それも「ブラジル」や「マンデリン」といった産地国に基づく区分けより狭い農園ごと、さらにいえばある農園の一区画ごとの豆が使われる。
    【【カフェ】コーヒー第3の波、関西にも 「まるで出汁を飲んでるよう」うまみ追求】の続きを読む

    topimg_dcs


    1: メンマ(四国地方)@\(^o^)/:2015/12/08(火) 21:38:42.00 ID:SXiFn9+f0 BE:284465795-PLT(13000)
    「コーヒーと糖尿病は最新の医学ニュースで最も一般に取り上げられたトピックスの2つです。
    最近のコーヒーに関する詳細な研究が、その特定の成分と糖尿病に対するそれらの潜在的な効果を検討します。
    最新のメディアで盛んに取り上げられている「コーヒー」と「糖尿病」については、
    それなりに意味があります。アメリカ人の10人に1人が糖尿病で、
    アメリカの成人の半分以上が毎日コーヒーを飲んでいます。
    そしてアメリカは、1年間におよそ400億ドルをコーヒーに使います。
    また、2012年にアメリカで診断された糖尿病全体の推定コストは、2,450億ドルでした。
    ありそうもないこの2つの間の繋がりが、調査によって明らかになるでしょう。
    アメリカ化学会のジャーナル誌「ネイチャー・プロダクツ」に発表された最近の研究によれば、
    二型糖尿病を管理するのにコーヒーの特定の天然化合物が潜在的な可能性を持っていることを示唆しています。
    http://www.greatnews.top/archives/49665146.html
    【コーヒーの魅力 アメリカ人の50%以上は毎日コーヒーを飲む】の続きを読む
    ブログパーツ

    このページのトップヘ