2ch飯ちゃんねる

主に食べ物、飲み物、料理、ダイエット、健康、生活に関する2ch.sc open2chのまとめをしております。

  • Twitter
  • RSS

    スポンサードリンク

    コーヒー

    a0606bd3da5e3fa3d3502b46f4da8a4e6e60516c_l


    1::2017/08/16(水) 16:26:16.65 ID:CAP_USER.net
    コーヒーを持ち帰りにするか、それとも店内でゆっくり飲むか、どちらを好む人が多いかは国によって大きく異なる。



    コーヒーをテイクアウトで注文する人の割合は、忙しく慌ただしい一日を過ごす人が多い国で高くなり、イタリアやスペインのようにゆったりとした雰囲気の国では低くなっていることが分かった。

    市場調査会社NPDと同社が提供する外食・中食市場に関する情報サービス「クレスト(CREST)」によると、イタリアやスペインでコーヒーを持ち帰る人は、購入者のわずか3%程度だ。

    一方、北米や日本では、コーヒーを購入する人の半数近くが持ち帰りを選んでいる。米国では45%、カナダでは43%、さらに日本では48%が、持ち帰りで注文する。

    そのほか、北米などのような一大市場になるまでには長い時間がかかると見られるものの、英国や中国など、これまでコーヒーよりもお茶を飲む習慣が根付いていた国でも、市場では変化が起き始めているという。

    スタバのイタリア進出の影響は

    米コーヒーチェーン大手、スターバックスは今年に入り、2018年中にイタリア・ミラノに同国初の店舗を開設する計画であることを明らかにした。同社の進出がコーヒーにうるさいイタリアの消費者の態度を変えることになるのかどうか、非常に興味深いところだ。

    スターバックスはイタリアでは、大きな課題に直面することになるだろう。まず、消費者らにコーヒーを店舗の外で飲む習慣を身に着けてもらう必要がある。そしてまた、国内に約15万店舗あるとされるカフェとの厳しい競争にも挑まなくてはならない。

    各国の「持ち帰り」率

    以下、調査結果から明らかになった13か国のコーヒー注文数に占めるテイクアウトの割合を紹介する。

    ・日本: 48%
    ・米国: 45%
    ・カナダ: 43%
    ・韓国: 35%
    ・オーストラリア: 23%
    ・ドイツ: 17%
    ・フランス: 17%
    ・ロシア: 17%
    ・英国: 17%
    ・ブラジル: 13%
    ・中国: 10%
    ・イタリア: 3%
    ・スペイン: 3%
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170816-00017356-forbes-soci
    【コーヒーのテイクアウト率、最も高いのは「忙しい」日本】の続きを読む

    スポンサードリンク

    1:名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ [MA]:2017/06/29(木) 09:56:34.82 ID:Hr41Qf1N0 BE:844481327-PLT(13345)
    沖縄ファミリーマート(野﨑真人社長)の県内限定商品「泡盛コーヒー」がインターネット上で人気を集め、売り上げが急増している。「飲みやすい」「ストレートでもグイグイいける」と好評で、6月前半の週間売り上げは昨年同時期の約3倍。
    泡盛の出荷量は12年連続で減少しているが、若者や女性からの支持が広まっており、同社は「出荷量増加に向け泡盛業界と一緒になって盛り上げていきたい」と意気込んでいる。

    泡盛コーヒーは2010年に発売し、14年にパッケージをリニューアル。17年6月からもデザインを一部変更した。
    新里酒造(沖縄市)の泡盛をブラックコーヒーで割り、すっきりとした味わいに仕上げた。
    アルコール度数は12%。カフェオレなどと同じようなカップ容器を使用し、気軽に購入できるよう工夫している。

    発売当初から順調に売り上げを伸ばし、近年は前年比の約2割増しで推移。
    ネットで話題となった6月上旬は、前年同期の約3倍に急増した。特に20~30代の女性への支持が広がっているという。

    ネットではブログやSNSで泡盛コーヒーを絶賛する声が拡散。
    ツイッターで「#泡盛コーヒー」の検索タグが付き、「衝撃すら感じる完成度」「するすると飲める」などの書き込みで注目を集めている。
    沖縄限定商品であることから、お土産で買う観光客も。ネット上ではプレミア感が高まり「全国展開するべきだ」との声もある。

    同社広報は「若者にとってお酒をコーヒーで割る意外性と、カップで飲みきれる手軽さが受けているのでは」と分析。
    「コンビニ業界で大きくリニューアルされない商品が売れ続けるのは異例。沖縄に密着した商品で消費者の満足度を高めていきたい」と意気込む。

    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/105853

    【【衝撃の完成度】沖縄ファミマ限定の泡盛コーヒーがネットで話題に】の続きを読む

    1:名無しさん@涙目です。(東日本)@\(^o^)/ [EU]:2017/06/16(金) 10:53:35.67 ID:gEgPLrgn0.net BE:837857943-PLT(16930)


    コンビニ100円コーヒーの濃度を調べてみました。

    前回調査(2016年10月)からだいぶ日が経ったので、大きな変化ないかな〜(あれば面白いのに)ということで第2回調査を実施した次第です。

    コーヒー濃度とは、水の中に溶け込んだコーヒー成分の割合のこと。濃度の差がおいしさの指標になるわけではありませんが、ネタ的に知っておくのも面白いかと。

    チェックしたのはセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンのブレンド(ホット)。果たして結果は!?



    各コンビニの100円コーヒー(ブラック・ホット)の濃度を2杯ずつ測定してみたところ、ローソンの『マチカフェ ブレンドコーヒー(S)』が TDS 1.15% で
    もっとも濃いコンビニコーヒーという結果になりました。TDS 1.15%は SCAAのぎりぎり推奨範囲内ですね。セブンとファミマは、
    フィルターコーヒー飲料の一般値(1.00〜1.50%)に満たず。

    http://mitok.info/?p=90153
    【コンビニの100円コーヒーで1番濃いのは? ローソンがトップ 2位ファミマ 3位セブン】の続きを読む


    still-life-2366061_960_720



    1::2017/06/09(金) 05:19:08.79 ID:Q0Mdz+1W0.net
    ワイ「コーヒーとか苦くて砂糖やミルクで誤魔化してまで飲みたいか?イタリア人も驚いてるぞ?」ライフガードグビー
    【みんな「うん!コーヒーおいしい!」ワイ「うっそやろ…」コーラグビー】の続きを読む
    ブログパーツ

    このページのトップヘ