2ch飯ちゃんねる

主に食べ物、飲み物、料理、ダイエット、健康、生活に関する2ch.sc open2chのまとめをしております。

  • Twitter
  • RSS

    スポンサードリンク

    寿司

    スポンサードリンク

    1:野良ハムスター ★:2016/02/28(日) 13:03:11.70 ID:CAP_USER*.net
    冷凍食品は技術の進歩によって、作り立ての味をかなり再現できるようになってきた。それでも「冷凍寿司」と聞いて、即座においしそうだと思う人は少ないだろう。

    2月24日放送の「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)は、冷凍にぎり寿司で職人の味を再現する新しい技術を紹介。開発者の東京海洋大学・鈴木徹教授の研究室を訪れた大浜キャスターは、解凍された冷凍寿司に舌鼓を打っていた。

    「シャリもふっくらしていて、ネタもしっとりして、普通においしい。冷凍って感じは全然しないです」

    ■電子レンジのマイクロ波を制御し、ネタとシャリの加熱を調整

    冷凍した寿司を電子レンジで解凍すると、ネタに熱が入ってまずくなる。しかし鈴木教授が開発した電子レンジで15秒温め、常温で8分ほどおくと、まるで職人が作った握りたての寿司のような味が再現される。

    マイクロ波の制御によって、ネタには弱く、シャリには強く熱を加えることができるからだ。実用化に向けて、大手電機メーカーの技術者だった土場義浩社長が率いる「サンケイエンジニアリング」とともに、鋭意研究開発中だ。

    5貫セットなどを一度に同じ条件で解凍することを目指しており、技術が確立できれば寿司職人なしで、どこでも本格的な寿司が食べられる。鈴木教授は「冷凍寿司のイメージが悪いので払拭したい」と語る。

    四谷にある客単価1万5000円の有名店の寿司職人は、「(冷凍なんて)不可能だろうな」と懐疑的。酢飯の風味がどうなるかも気になるようだった。しかし、解凍した握り寿司を試食すると、驚きの表情をみせた。

    「全然いいですね、びっくりしました。これすごいですね」

    CTスキャンなどで科学的に分析してみると、シャリがちゃんと空気を含んでおり、職人が握った柔らかい食感も再現していた。

    ■ネットには批判多数「どんなにうまくてもいらないなぁ」

    海外展開も狙って「シーフードショー大阪」へも出展。鈴木教授は「職人がいない海外店に輸出して『本当の握りたての寿司はこうだよ』と伝えたい」と熱意をみせた。

    これを見た視聴者は、ネット上で意見が分かれていた。「温度管理さえ徹底できれば冷凍寿司もけっこううまいはず」と肯定的な意見もあったが、まだまだ反応は微妙なものが多い。

    「冷凍寿司ってうちの近くのスーパーに売ってるよ。怖くて食べた事ないけど」
    「見た目が酷すぎ。コンビニ寿司の方がまだまともじゃないか?」
    「どんなにうまくてもいらないなぁ」

    しかし経営コンサルタントの梅澤高明氏(A.T.カーニー日本法人会長)は、このテクノロジーに興味津々。海外への売り込み方を次々に挙げていた。

    「私であれば、素直に比較的安価な寿司チェーンをやる。寿司職人の不足で供給が追い付かないということがなくなるのが、メリットとしてまず1つめ」

    ■寿司を前菜として扱う海外のバーもターゲットに

    さらに梅澤氏は寿司店だけでなく、寿司をアペタイザー(前菜)として扱う海外のカジュアルレストランやバーに納めることや、食品・惣菜コーナーが充実しているスーパーやハイパーマーケットに入れることも提案。

    「最近イートインコーナーも結構増えてきているので、そんな使い方もあるかなと」

    と語り、考えればもっとアイデアが出てきそうな勢いだった。(以下省略)



    https://news.careerconnection.jp/?p=21289
    【「冷凍寿司」の技術に寿司職人も驚愕! 電子レンジで15秒温め、常温で8分おくと、まるで握りたてのような味が再現される】の続きを読む

    main-sushi


    1: ジャンピングDDT(秋田県)@\(^o^)/:2015/12/22(火) 18:16:09.08 ID:N6atgl4p0 BE:194767121-PLT(13001)
    劇画原作者の小池一夫さんが、先日遭遇した寿司屋での出来事をTwitterで紹介し話題になっています。
    小池さんによると、寿司屋での食事中、身なりもちゃんとした年配女性のお客さんが「私、炭水化物抜き
    ダイエットしているから、酢飯はいらないわ」と途中から言い出したそうです。すると店主も他のお客さんも
    凍り付き、店主は静かに「お帰りください」と返答したとのこと。

    この一連について小池さんは「モノを作る人への敬意は必要だよね。」と提言し、さらに「年齢で大人か
    どうかは判断できない。年によりけりではなく、人によりけり」とコメントしていました。

    http://news.livedoor.com/article/detail/10985327/
    【寿司屋で女、「ダイエット中だから酢飯抜きで」←退店へ】の続きを読む

    1:海江田三郎 ★:2015/11/04(水) 16:49:36.76 ID:???.net
    http://ascii.jp/elem/000/001/073/1073326/?rss







     回転寿司チェーン「無添くら寿司」を運営するくらコーポレーションは、「すしやのシャリカレー」
    シリーズの累計100万杯突破を記念し、同シリーズからトッピング4種を販売する。11月6日から販売開始で、各486円。

     すしやのシャリカレーシリーズは、7月末の発売以来、3ヵ月で累計100万杯を突破(!)。これを記念して、
    スパイスの効いた本格的な辛さが魅力の「すしやのシャリカレー」、フルーティーな味わいとさっぱりとした
    後味が特徴の「すしやのシャリカレー 甘口」がさらに楽しめるという、4種のトッピングが開発された。すし屋なのに。
     トッピングは、「特製とんかつ」「4種のチーズ」「ふわとろ玉子」「特製玉子だれ」の4種。味のバリエーションに加え、
    これらのトッピングを追加したことで、全10種類のシャリカレーを、好みや気分に合わせて選べるのだ。すし屋なのに。

     とくに筆者が気になるのは特製とんかつ。「注文を受けてから店内で揚げることで」とあるが、店内にフライヤーを導入するのだろうか。すし屋なのに。

    シャリの酸っぱさとカレーの味の組み合わせが話題になったシャリカレーだが、トッピングが加わることで、
    ますますサイドメニューとして強力になった……というか、もはやすし屋のメニューなんだろうか、これ。
    おすしを食べる余裕がなくなっちゃう気もするが、とにかく楽しみである。
    【くら寿司「すしやのシャリカレー」  4種のトッピング可能に】の続きを読む
    ブログパーツ

    このページのトップヘ