2ch飯ちゃんねる

主に食べ物、飲み物、料理、ダイエット、健康、生活に関する2ch.sc open2chのまとめをしております。

  • Twitter
  • RSS

    スポンサードリンク

    寿司

    スポンサードリンク

    1::2017/12/13(水) 04:58:30.28 ID:nCqEC+wN0.net
    回転寿司チェーンの無添くら寿司は12月15日から、初のクリスマスメニュー「フライドチキン」(200円/税別)、「メガモリポテト」(250円/同)、「ツリーパフェ」(250円/同)を25日までの期間限定で販売する。
    初登場の「フライドチキン」は、ジューシーかつ上質な鶏モモ肉のみを厳選して使用。独自配合した特製スパイスで味に深みを加えている。
    特製の衣を使用し、注文を受けてから店舗で揚げることで、カラッと揚がった衣のサクサクとした食感と、あふれる肉汁、そして特製スパイスが絶妙に絡み合う、くら寿司オリジナルのフライドチキンが完成した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14017219/

    【【朗報】くら寿司で初のXmasメニュー フライドチキン、ポテト、ツリーパフェ】の続きを読む

    【【朗報】くら寿司さん インスタ映えする珍メニュー「竹姫寿司」を開発してしまうwwwwww】の続きを読む

    1::2017/10/27(金) 06:23:18.35 ID:CAP_USER.net
    2017年10月24日、台湾ETNEWS新聞雲が、台湾のすしを紹介する日本人男性の動画を取り上げた。

    この動画は以前ユーチューブに投稿されたもので、台湾在住の男性が紹介するのはカルフールで買ったすしだ。台湾で作られたすしを食べるのは初めてとのことで、男性は「日本では見たことのないすしがいくつかあります」と解説。

    一例として「肉松(肉でんぶ=煮た豚肉を繊維状にして乾燥させ味付けしたもの)すし」を食べて見せ、「パサパサしていて自分にとってはあまりおいしくない。口の中の水分が全部吸収される」「ちょっと理解できない食べ物」。

    一方、ショウガを中に入れたすしには「おいしい!」と反応し、さらに桜えびが使われたと思われるすしについても「結構おいしい」と紹介している。

    記事はこの動画に台湾のネットユーザーからさまざまな声が寄せられたことを紹介しており、実際のコメントには「自分も見たことのないすしがあった。カルフールの特製かな」「台湾人はスーパーのおすしを好まない。食べるのはすごくお腹が空いた時くらいかな」「日本人は礼儀正しい。おいしくないものにも『おいしい』って…」「マレーシアに行けば唐辛子味噌で味付けした魚のおすしが食べられる」などがあった。(翻訳・編集/野谷)

    http://www.recordchina.co.jp/b195083-s0-c60.html



    写真は台湾の個包装すし。
    【台湾の寿司を初めて食べた日本人男性が見せた反応、台湾ネットは興味津々】の続きを読む

    1: :2017/10/27(金) 02:45:29.50 ID:CAP_USER9.net
    「食べホー」ではサイドメニューを含む約80種類が食べ放題の対象に







    マイナビ 大澤昌弘[2017/10/26]
    http://news.mynavi.jp/articles/2017/10/26/kappa/


    かっぱ寿司は26日、「食べホー」と命名した食べ放題企画を来月11月1日より全国展開すると発表した。話題を集めた食べ放題企画が遂に全店舗で実施される。

    かっぱ寿司の食べ放題は今年6月を初回として過去3回行われてきたトライアル企画だ。いずれも一部店舗を対象に平日14時から17時限定で実施。初回は21店舗を対象に32日間で11万5765人が利用、第2回は36店舗を対象に12日間で4万617人が利用してきた(第3回は不明)。

    全国展開となる食べ放題企画の「食べホー」は11月1日から22日までの平日14時から17時に開催される。時間は60分、対象商品は定番の寿司ほかサイドオーダーを含む約80種類。価格は男性1,580円(税別)、女性1,380円、小学生780円、65歳以上980円(その他詳細は要確認)。ウェブ・アプリからの事前予約制となる。

    これにより、全国348店舗(10月26日現在)で食べ放題が実施されることになるが、注目したいのは、なぜ今まで一部店舗に限っていたかだ。

    かっぱ寿司は全国展開の開始のきっかけについて、「またやって欲しい」「近隣の店舗を実施して欲しい」などといった要望を多数もらったと実施経緯について説明する。しかし、それは理由の一端に過ぎない。もうひとつ事情がありそうだ。

    一部店舗に限って食べ放題企画を実施してきたのは、店舗オペレーションをテストするためでもあった。最近までかっぱ寿司では創作すしの「全国お祭り寿司」という商品を展開してきたが、店舗ごとに見た目を中心とした品質に差が生じてしまった経緯がある。こうした課題を踏まえ、店舗オペレーションで無理が生じないよう、食べ放題企画では店舗を限ってテスト的に実施してきた。つまり、満を持しての全国展開となるわけだ。

    近年、カッパ・クリエイトの業績は不調続きだ。それを挽回すべく、2016年10月からリブランド戦略を進めてきた経緯がある。食べ放題企画は、この新生かっぱ寿司を多くの人に体感してもらうための絶好の機会といえるだろう。食べ放題企画の初回から店舗を限定することで話題づくりの面まで狙ったのかまではわからないが、現時点ではすでに多くの人に認知されている。狙い通りに「食べホー」はいい形でのスタートが切れそうだ。

    ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。


    関連
    公式 かっぱの食べホー
    https://www.kappasushi.jp/challenge/tabeho/
    サイドメニューも含め食べ放題(PDF)
    https://www.kappasushi.jp/challenge/tabeho/assets/pdf/kappa_tabeho_menu_20171026.pdf
    【回転寿し】かっぱ寿司、「皿一貫」からの再出発 1皿50円で販売 11月下旬から★2
    https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509020429/
    【外食】かっぱ寿司の食べ放題、客が殺到し大混雑。待ち時間660分★8
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1497771158/


    詳しい別ソース
    ~お客様の声から生まれる新しいかっぱ寿司~新プロジェクト 始動!第一弾 新商品・新サービスを発表
    PR TIMES カッパ・クリエイト株式会社 2017年10月26日 14時00分
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000086.000018731.html

    概要3つ
    ●食べ放題が「食べホー」と題して全国展開!
    ●「一皿50円(一貫提供)」のトライアルを開始(※小食の女性、高齢者向け)
    ●ワンコインランチや丼ぶりなど「ハッピー平日かっぱ寿司」始動

    つづく>>2-5
    【回転寿司チェーン かっぱ寿司の「食べ放題」が全国展開へ、ようやく解禁になったワケ[期間11/01-22平日14時~17時]】の続きを読む

    このページのトップヘ